2016年11月23日水曜日

洪秀柱主席は、日本の福島以外の地域の食品輸入について事実を歪曲している。 民進党:事実と異なる指摘と批判は国のためにならず


23日の国民党の洪秀柱主席の悪意ある指摘と批判について、民主進歩党の王スポークスマンは、数か月前まで政権をとっていた与党のリーダーがこんなことを言うのかと驚くばかりである、と述べた。日本の福島以外の地域の食品輸入解禁について、民進党は中央政府も執政県市政府も、国民の健康を守ることをしっかり約束し目標としている。しかし洪秀柱主席は政党リーダーの身分で事実と異なる指摘と批判を行い、政争、党争をわざと引き起こそうとし、政治対立と衝突にまで問題を大きくして国民党における主席選挙に有利にしようと計らっている。このことは、国家にとって良くないことであり、遺憾なことである、と述べた。

王スポークスマンは、日本の福島以外の地域の食品輸入管理措置については、民進党の態度と立場ははっきりしている。我々は4つの禁止原則を堅持し、人々の食品安全を保障することは我々が当然負うべき責任でありと考えている。政府がEUやアメリカなど先進国と同様の厳格な管理基準によって輸入管理を行ない、食品の安全検査をしっかりと行って、水際対策も強化し、全ての輸入食品に検査を行い、放射能に汚染された食品が輸入されないよう国民の安全を保障していくと信じている、と述べた。また、どのような政策も実際に討論することが可能であって、どこに政党のリーダーが私利私欲のためにわざと衝突と対立を引き起こすことがあろうか。我々は洪秀柱主席に対し、理性的な政策討論を行うことを呼びかけるとともに、何でもイデオロギーと結びつけず、暴力で政策対話を阻止しないことを求める、と述べた。 

2016年11月16日水曜日

民主進歩党第17期第14回中央常務委員会プレスリリース


民主進歩党は16日、第17期第14回中央常務委員会を開催した。会議では、台湾シンクタンクの国際事務部の董思齊主任を招いて、「肝心な時期にある韓国の政局を読む」をテーマに専門的な報告が行われた。報告を聞いたあとでの、蔡英文主席の指示は以下の通り。

董主任の報告に感謝します。お蔭で私たちは韓国の政治事情を更に一歩進んで理解することが出来ました。今回のアメリカ大統領選挙であれ、韓国の政治の変化であれ、我々が思いをいたすことはつまり、人々の気持ち、民意と民心ということです。我々は随時、これらの盲点や考えつかないようなこと、気づかないことについて、注意をしていかなければなりません。
民進党は草の根政党であり、過去我々は比較的民意に近い政党であり、民意を重視する政党だと人々は感じてきました。しかし、今回のアメリカと韓国の例からみると、民意と社会の傾向や人々の苦しみの理解に、もしかすると我々が有する既存のやり方を以てしては、力が及ばないかもしれないません。よって我々は中央でも地方でも、議会でも国会でも、どんな場所でも、公職や党職に就いている人は、人民に近い存在であることを最大の任務とし、人々との意思疎通を維持し続け、民意の反応を求め、皆にしっかりと理解をしてもらうことを考えなければなりません。人々が我々に投票してくれたから安心して4年間を過ごせると思ってはいけないのです。


台湾では、今日の民意は非常に自発的なもので、支持している人物や政党に対して、期待とともに深い思い入れがあり、社会の経済が変化することを希望しています。よって、執政者からすればこれは確実に大きな重い責任であり、我々が人々と共にあるということ、確実な対話を進めていくことこそが、我々の執政において最も重要な一項目なのです。

国務院台湾事務弁公室が、民進党が退役軍人の両岸交流への参加に圧力をかけている、と指摘していることについて。民進党:退役軍人の行為は台湾社会に受け入れ難いものである。


国務院台湾事務弁公室が、民進党が両岸交流に参加しようとする台湾人に圧力をかけ、みせしめを行っている、と指摘したことについて、民主進歩党の黄スポークスマンは16日、退役軍人は国軍の幹部の身分で、毎月台湾人の収めた税金から手厚い退職年金をもらい、身分も特別なものである。それでありながら、躊躇いもなく中国共産党が行う政治的統一戦線活動に参加したり、中華人民共和国国歌を直立して聴いたりすることは、国家認識をあやふやなものにし、彼らの行為は台湾社会には受け入れがたいものであり、なぜ「見せしめ」という言い方をするのか、と述べた。黄スポークスマンは、軍人は中華民国の利益、国民の安全福祉を守ることが当たり前の核心的な価値であり、国家に忠誠を誓うことが信条である。民主進歩党は、政治活動に参加する退役軍人は、この価値と信条をしっかり守るよう呼びかける、と述べた。 


民進党執政県市合同声明


日本の福島を除く地域の食品輸入管理措置
民進党は4つの禁止原則を堅持する
   
国民の食の安全を保障することは政府が当然負うべき責任であり、日本の福島を除く地域の食品輸入を解禁することについて、中央政府であれ執政県市であれ、国民の健康を守ることに我々は決して妥協しない。我が国も必ず、EUやアメリカなど先進国の厳重な管理を基準にして輸入管理を行い、食品安全の厳格な検査を行い、水際対策も強化し、全ての輸入食品に検査を行い、放射能に汚染された食品が決して台湾に入らないようにし、国民の安全を保障していく。

日本の福島を除く地域の食品輸入管理措置について、民進党は以下の4つの禁止原則を堅持する。

1、福島県の食品の輸入を禁止する

2.もともと輸入が禁止されている群馬、栃木、茨木、千葉県の4県市のお茶、水、乳児用粉ミルク、水産品など4種類の製品をこれまでと同じように輸入禁止にする

3.上述した4つの県市の食品は産地証明、放射性物質検査証明の2つの証明書がなければ輸入禁止にする
  
4、アメリカ、日本で販売できない食品は、台湾も輸入禁止にする


最後に、人々の理性的な討論に期待し、暴力で政策コミュニケーションを阻止することを強く非難する。

立法院で「労働基準法」修正案の公聴会が開かれる。民進党:政党の時代力量がインターネット上で事実と異なる画像をばらまいて、悪意で事実を歪曲して攻撃したことは、遺憾である


時代力量が、「一例一休」(法定休日と所定休日を7日間に各1日)に係る『労働基準法』修正案公聴会リストについて、インターネット上で事実と異なる画像をまき散らし、悪意で攻撃したことについて、民主進歩党の黄適卓スポークスマンは16日、これを厳しく非難した。これは時代力量が自分たちの想像で作ったリストであり、事実とは異なっている。立法院が今日労働基準法修正の公聴会を開催するときに、時代力量がインターネット上で誤った画像をまき散らして悪意を持って民進党を攻撃したことを、遺憾に思う、と述べた。


黄スポークスマンは、民進党立法院党団は金曜日にいくつかの団体を招き、この団体を通じて会議出席者を要請したのであり、民進党はこれまで郭台強や林伯豊を指名したことはないし、この2つの団体も初めから代表を会議に参加させることに同意していない。しかし時代力量は、公聴会招待団体リストを手にした後で、勝手な想像で、内容を変えて2名の代表を自分たちで加えることをした。これは明らかに悪意のある事実を歪曲した攻撃であり、民進党は時代力量に対し、速やかに説明することを求める。黄スポークスマンは、民進党の立法院党団は昨日の午後には推薦の中小企業リスト既に決定しており、「急きょリストを変えた」というようなことは決してない、と強調した。

2016年11月15日火曜日

民進党:北京と香港政府に対し、香港の人々の民主化実践への要望に耳を傾けるよう呼びかける


香港の2名の本土派議員が15日、香港高裁により議員資格取り消しの判断が出されたことについて、民主進歩党の王スポークスマンは、香港の人々が民主的な選挙を通じて、議員を推薦し、民主主義の権利を実践することは、法律により保障されるべきことだ、と述べた。香港政府と北京当局は、香港の人々の民主主義追求の理念を肯定的にとらえて、辛抱強く対話とコミュニケーションを進めるべきであり、議員の権利剥奪という選択をするべきではない。議員の身分が国家の宣誓問題を理由に剥奪されることは、人々のために民主的な権利を実行することができなくなり、香港がやっと手に入れた民主の成果に傷をつけることである、と述べた。 

また、自由、民主、人権はこの世界の普遍的な価値であり、民進党は北京と香港政府に対し、香港の人々の民主主義実践に対する要望に耳を傾け、普遍的な価値を実現し、香港が平和的に進歩、発展が出来るようにするよう呼びかけた。

2016年11月13日日曜日

中国に対しては子猫のように。国内では猛虎のように振る舞う。洪秀柱主席は国民に謝罪するべきである。


国民党の議員が12日から連続二日間、北部、中部、南部の各地で開かれた日本食品の台湾への輸入に関する公聴会で邪魔をした件について、民進党の阮昭雄スポークスマンは13日、記者会見を開いてこれを強烈に批判した。このように国民党議員とヤクザのような人たちが、公聴会を続けて荒らしていることからみて、国民党は国内での闘争にたけていることがわかる。これは国民党の洪秀柱主席が暴力で公聴会を乱すよう指示したのではと疑わざるを得ない。人々の政策に対する理解と知る権利を犠牲にし、国民党の闘争を人々への宣伝として、自分の党主席連任の勢いを維持しようとしているのだ。我々は国民党と洪秀柱主席に対し、すぐに党員の行動を制約し、理性的な政策討論に戻るよう呼びかけることを求める。

阮昭雄スポークスマンは、国民党は闘争と洪秀柱本人の私利私欲のために、人々の利益を犠牲にし、政府と政権与党に対し凶暴な虎のように闘争を仕掛けてくる。しかし中国に対しては子猫のようにふるまい、最大野党の風格も全く失い、非常に遺憾なことである。特に我々は先日多くの退役軍人が、中国共産党が主催する統一戦略イベントに出席し、国民党副主席の詹春柏及前秘書長許水德、饒穎奇など、多くの国民党の大物が北京に行って大人しく座って話を聞いてきて、台湾の国家利益を犠牲にし、中国側の政治の主張に同調しているのを見た。こうした光景を、国民党議員の暴力的な荒らし行為と並べてみると、台湾人の目には実に風刺的に映るのである。

阮昭雄スポークスマンは、食品の安全管理について、民進党の態度は一致しており、これまで変化した事は無い。あらゆる国と同じように、消費者の健康のため、政府は国際的な専門的な規範に基づき科学的な根拠基礎にして食品管理を行うのである。これは我々の輸入食品の原則であり、例外はないものである。政府が週末に日本食品の台湾輸入に対する公聴会を何箇所かで開いたのは、立法院の衛生環境委員会の117日の決議によるものだ。国民党は一体どのような理由で、党の議員を動員して公聴会を妨害するようなことをしたのか。ヤクザではないかと疑われるような人まで現場によこして、民衆の知る権利をひどく妨害したのはなぜなのか。 

スポークスマンは、我々は国民党議員のこのようななりふり構わない行動について全く受け入れることができない。再度厳しく批判するとともに、国民党の洪秀柱主席に対し、すぐに国民党員の行動を制限し、もし再度国民党議員が暴力で邪魔をするような事があったり、衝突が拡大するようなことがあったりすれば、洪秀柱主席は国民に対し謝るべきである!と述べた。