2016年8月22日月曜日

民進党と一緒に新しい力を声に出そう


民主進歩党婦人部は22日、「新しい力を声に出そう―東南アジア親子歌唱コンクール」記者会見を行った。会見場には、党秘書長の洪耀福、新北市党部主任委員余天、台北市党部執行長陳正徳、及び2組の新住民家庭-ベトナム人范氏玉映さん、インドネシア陳凱蒂さんに集まってもらった。婦人部主任の蔡宛芬は、社会に東南アジアの言語文化を理解してもらうため、民進党婦人部では9月から県市党部で協力して「新しい力を声に出そう―東南アジア親子歌唱コンクール」を行う、と述べた。蔡主任は、東南アジア出身の新住民が子供たちに母国語を話せるよう促すほか、東南アジア以外の新しい住民や他の台湾人にも東南アジアの言語や文化を知るきっかけとなることを望んでいる。特に出身性別制限を設けないので、東南アジアの言語の曲を歌ってみたいという親子の申し込みを歓迎する。この活動を通じて、素晴らしい文化交流の機会が生まれることを期待している、と述べた。

洪耀福党秘書長は、台湾はアジアの国家として、今まではただ地理上におけるアジアの国家という概念であり、アジアに位置しているにも関わらず、感情や文化の面ではアメリカやヨーロッパの方に親しみを感じ、このようなアジアの良き友達たちのことをあまりよく知らなかった。現在台湾には15万人もの東南アジアの新しい住民が台湾で生活を始めており、台湾人と家庭を築いている。よって我々は東南アジアの国々と、非常に深い血縁関係があり、文化の関係においても更に強いつながりがある。洪耀福秘書長は、台湾はアジアの国家として、アジアに回帰し、感情的にも文化的にも経済的にも、台湾をアジアの国として位置づけ直し、アジアのこれらの国家と一層深い文化的敬愛的連結と交流を行っていく必要がある、との考えを示した。

洪耀福秘書長は、民進党中央本部では今回新住民歌唱コンクールを開催し、台湾の新住民、子どもたち、家庭が母親のことを誇りをもって話せるようにし、母親の故郷の歌を誇らしく歌える機会としたいと考えている。そして、新住民の言語、文化を台湾文化の豊富な一部分とし、台湾の多元的な文化を見せること、これが歌唱コンクールを開催する重要な意義である。台湾の新住民の友人たちに、奮って応募参加してもらいたい。そして、皆さんで一緒に観賞し、活動に参加して欲しい、と述べた。

新北市党部主任委員の余天は、新住民は現在台湾で多くの人口数を持つが、多くの人がその存在に気が付かないままだ。民進党が今回歌唱コンクールを開催することは全国で初めてのことであり、新北市から始めるというのは、新北市が多元的な文化都市で、新住民が特に多い都市だからである、と述べた。台北市党部の陳正徳執行長は、婦人部の今回のイベントに感謝し、新住民の子供たちに母親の文化に触れさせること、新住民が台湾に来て、台湾に溶け込めることを希望するとともに、みんなにも新住民の文化を一層理解してもらうこと、彼らを台湾文化の一部とすることを希望している、と述べた。


婦人部の蔡宛芬主任は、「新しい力を声に出そう―東南アジア親子歌唱コンクール」の最初の公演は9月4日に行い、台北で10月2日、屏東で10月23日に行うことを明らかにした。他の県での開催は、民進党婦女部FB「東南アジア親子歌唱コンクール」イベントページで引き続きお知らせを行っていく。https://goo.gl/gYxUEK 全国の各会場の初戦でトップ3と、優秀賞、人気賞を選び、初戦の最高賞金は1万元である。そのうち第1位と第2位の親子を12月11日の決勝戦に招待し、決勝戦でのトップ3には賞金が与えられて、最高賞金は3万元である。

2016年8月19日金曜日

狼が来た!花蓮に不穏な空気が漂っている。民進党は若者たちに花蓮に帰省し花蓮を守るようよびかける


花蓮市長選挙が白熱化している。賄賂の噂があちこちから出てきている。民進党青年部は19日、若者に帰省を呼びかけ、選挙のボランティア、及び投開票所での監督につくよう呼びかけた。黄守達主任は、国民党と統促党が手を組んで魏嘉賢を支持し、統促党総裁の白狼張安楽も花蓮に応援にかけつけている。黒い影は地方の人々を不安にさせている。田市長が生前大事にしてきた花蓮市を守るため、青年部は若者に帰省して投票し、票を監督し、賄賂を阻止して、花蓮をきれいな土地のままにしよう、と呼びかけた。

黄守達主任は、メディアによると、白狼が選挙本部を訪れたのは父親の魏東河の招きによるものだとしているが、30分余りで場所を去り、選挙本部も行程を公開していない。しかし実際、統一促進党は国民党の大勢の党員に参加してもらい、魏嘉賢を応援し、白狼みずから応援台に立ち、魏嘉賢も現場で感謝を述べている、と述べた。

黄主任は、白狼と魏嘉賢が選挙戦で一緒に取った写真を取り出し、民進党が昨日開いた記者会見で指摘しているように、国民党と統促党が条件交換を行っているのではないかということ、魏嘉賢に父親と張安楽の関係をはっきり説明してもらいたいが、これまで魏嘉賢は花蓮市民に何の説明もしていない、と指摘した。しかしながら、証拠は目の前にあり、花蓮市民は魏嘉賢に対して、なぜ白狼と親しい付き合いがあるのか、どのような条件交換を行ったのか、双方にはどのような利益関係があるのかと疑うべきである、と述べた。

花蓮を守るため、民進党青年部は今日から若者に帰省を呼びかけ、選挙本部のボランティアや選挙当日の投開票所で票の監督を行うように呼びかけた。黄主任、若者は積極的に公民権力を行使し、社会が腐らないようにしなければいけない、とし、票で不適任な候補者が選ばれないよう、各投開票所で、神聖な一票を見見守ってほしい、と述べた。


黄守達主任は、補選ボランティアの仕事の時間は投票前の三日間であり、票を監督するボランティアは選挙当日、3つの時間帯に分けて行い、訓練の課程を設ける。黄守達は、公民として、花蓮人として、花蓮を守るのは政治の呼びかけだけでなく、自分の行動からである、と述べた。志ある青年は民進党の青年部フェイスブック、またはhttps://goo.gl/RCtmoL で申し込みをしてほしい、と

2016年8月18日木曜日

花蓮市長補選まであと10日。民進党:国民党と統一促進党の白狼が手を組んだ。人々は不穏な空気を感じている


中華統一促進党総裁の白狼が昨日花蓮へ国民党の花蓮市長候補者・魏嘉賢の応援に駆け付けたことについて、民主進歩党スポークスマン邱莉莉は18日、記者会見を開いて猛烈に批判した。花蓮市長補選まであと10日となり、国民党は白狼までもが選挙応援にかけつけた。大勢の人がぞろぞろと花蓮駅前から国民党候補者・魏嘉賢の選挙本部までむかい、「統一促進党白狼は魏嘉賢を応援し、国民党中央常務委員の魏東河と組む」という芝居を見せたことは、本当に遺憾なことである。また、統一促進党の白狼が花蓮に選挙応援に行くことを、地元の人は不安に思っている。国民党の洪秀柱主席が昨日の中央常務委員会で話した、「イメージが良く 、能力のある候補者を推薦して、民心を掴まねばならない」、とはこういうことなのだろうか。このような言い方は、言っていることとやっていることが真逆だと言わざるを得ない。

邱莉莉スポークスマンは、昨日のイベント現場の写真を見ると、中華統一促進党総裁白狼こと張安楽が花蓮に大応援に駆け付けたのは明らかである、と述べ、張安楽の横にいるのは魏嘉賢の父親であり、これが非常有名な魏東河である。他にも国民党中央常務委員の厲耿桂芳、邱炳煌などが現場で手を携えている。邱スポークスマンは、国民党と統一促進党は花蓮市長補選で手を組んでいるが、これが洪秀柱の言う賢く能力のある人を選ぶということなのか!?国民党は白狼との間で何か条件交換を行ったのか?!洪秀柱主席には出てきてはっきりと説明してもらいたい。同時に、我々は国民党の花蓮市長候補者である魏嘉賢にも説明を要求する。父親の魏東河と白狼は昔からの友人というが、今回の補選でどのような取引があったのか?魏嘉賢は公開で人々の心配と疑いをしっかりと晴らすような説明をしてもらいたい、と述べた。


邱スポークスマンは、今回の補選で国民党は全党を挙げ、洪主席を筆頭に国民党立法委員が休みなく民進党候補者の攻撃を行っているが、一方その国民党指名の魏嘉賢は、全く政治的成果も政策も出すことが出来ていない。今日までの選挙戦で、統一促進党総裁の張安楽までもが応援に駆け付け、花蓮の人達は不安な気持ちでいる。洪主席の言った代表的な選挙とはこのようなものか?このことに対して、我々は国民党に呼びかける。残り数日の選挙戦では、正当なやり方で選挙を戦ってもらいたい。指名候補者の政策を明らかにして人々の支持を得るようにするべきである。もし選挙戦が今日までであれば、白狼の選挙応援だけが残り、花蓮の人達に見限られ、軽蔑されるだけであろう。

2016年8月17日水曜日

民主進歩党 李俊毅副秘書長がインタビューで話したことについての説明


台湾国連協進会理事長蔡明憲が17日午前、民進党副秘書長の李俊毅を訪問した後の発言に係るメディアの報道について、民進党の楊家俍スポークスマンは、民進党は台湾国連協進会が長年台湾の国連加入の推進に努力してきたことを評価している。台湾の国際的な参加を強化することは、民進党が長年追求してきた理想と目標であり、台湾人民の一致した期待であり、各界がこれからも共に努力していくことを期待している、と述べた。


楊家俍スポークスマンは、李俊毅副秘書長が面談の中で強調していたことは、台湾が国際組織に参加し国際的な活動を行うことは全国民の期待であり、将来の政府の目標でもある。よって、「台湾の国際参加を強化することについて、国連を含めた各国際組織への参加について、政府と国安部門は様々対応戦略を検討していると信じている」楊スポークスマンは、民進党は全力で政府の関連部門を支持し、台湾の国際組織への参加と国際空間開拓の機会を獲得する、と強調した。

民主進歩党第17期第2回中央執行委員会プレスリリース


民主進歩党は17日、第17期第2回中央執行委員会を開催した。会議では、2016年中央党本部年度追加減額予算案、及び湯火聖中央執行委員が提案した地域長期ケア制度の宣伝強化、党事務の研修会開催について決議された。第17期第1回全国代表者会議で討論されるテーマについては、会議で関連提案は各部門に任せることが決まった。

蔡英文主席が衛生福祉部政務次長呂寶靜政策説明を聞いた後で行った指示は以下の通り。

長期ケアは、民進党の重要な施政計画である。民進党の支持者は、政府が多くの改革を行うことを期待している。長期ケアは人を安心させるうえで非常に重要な政策である。我々は長期ケアの仕組みづくりを加速し、人々に、大変な時期に、必要な時に、国にはケアのシステムがあり、いつでも国民の面倒をみてくれる、と感じてもらうようにしなければいけない。こういうことが、台湾の人々を安心させることなのである。

民進党事務研修会を通じて、長期ケア2.0の宣伝を強化すること、私はこれが必要だと考えている。全体的な長期ケアの仕組みづくりは、多くの人で一緒にとりかかる必要があり、我々の支持者も参加するよう期待している。今回の台東の再建についても、多くの独居老人の住まいが修繕され、その多くが我々のボランティアの支援によるものであった。それはつまり、我々は単に一つの政治団体というだけでなく、我々の支持者は社会福祉やケアにおいても、我々と一緒に行ってくれているということだ。このことは、民進党が、政治だけではなく、その他に優しい一面を持っていることを示している。同時に我々は中央と地方の県市政府が一緒になってこれらの仕事を推進していくことを期待している。

このほか、楊家俍スポークスマンは、洪耀福秘書長がこの件について、民進党は行政部門と協力し、党の組織を通じて、政策の宣伝をしっかり行っていく、と述べたことを伝えた。

2016年8月12日金曜日

民主進歩党 張肇良が逮捕されたことについてのコメント


民進党桃園市議会議員の張肇良が逮捕された件について、民主進歩党の阮昭雄スポークスマンは12日、我々は司法の捜査手順を尊重し、検察側の厳正な調査、公正な判断に期待する。張肇良氏に汚職行為があったかどうかについて、廉政委員会が同時に調査を開始する、と述べた。

2016年8月10日水曜日

民進党:若者よ、実際に動き出し、南北の不均等な資源配分を逆転させよう


民進党青年部主任の黃守達は10日、青年部と屏東県青年ビジョン屏台協会が合同で開催した南国青年交流会開幕式に参加した。不均等な行政資源配分について屏東の若者たちの意見を聞いて、青年部主任の黃守達は、民進党が再度政権に就いてから、穏健で実務的に改革を推進していき、公平正義を実現しようとしている。民進党青年部も、引き続き若者たちが政治に参加する道筋をつけ、若者が実際に行動することで困難を突破できる機会を作っていきたい、と述べた。

青年部と青年屏台合同開催の南国青年交流会は今年で2回目となった。主催団体の青年屏東台総幹事の趙文俊は、これまで交流会は北部に集中していたが、今回は特別に知名な講師を招いて南部に来てもらった。これは、屏東の若者が台北まで遠路はるばる行かなくても、故郷で公共の仕事に関心をもってもらえることを期待するものだ。屏東は加えて総統の故郷であり、将来民進党が南北の資源分配の不均衡という問題の改善に対処し、屏東を恵まれない環境から抜け出させるよう協力してくれることを期待する、と述べた。

青年部の黄主任は、国民党は後勁に第5石油精製工場を作り、重工業で高雄を汚染し、利益だけを台北に持っていた。民進党の再執政後、20年以上遅らせていた中国石油の南部移転をすぐに進めて、年末までに設立を完成させる。これにより高雄は20億の税金を獲得する。これは民進党が資源分配の不均衡を改善し、市政において公平正義を具体的な行動で実現したことである、と述べた。


黄主任は更に、自分は小さいころから台中で成長し、南北の資源配分の不均衡について実感してきた。中南部の置かれている環境は、実際青年の境遇と似ていて、地位もなく、資源もない。青年部が引き続き台中、彰化、屏東に交流会を開くというのは、各地の公共の仕事に携わりたいと考えている若者たちを団結させ、結び付けることであり、将来民進党は引き続き若者たちが政治に参加できる道筋を作っていき、若者が実際の行動で、南北の資源分配の不均衡を解決していけるようにしたいと思っている、と述べた。